form

清原の次は誰?【大物俳優Xが西田敏行という噂を検証】してみた!

清原 大物俳優X 誰 西田敏行

元プロ野球選手清原和博さんの一件から
同じく元プロ野球選手の野村さんが一時クローズアップされましたが、
次なる芸能人のXデーはいつか?誰なのか?という噂がネットでは話題になっています。

今回は、
清原さんの次に警察がマークしているという大物俳優Xが誰か?という話で西田敏行さんが疑われているようなので検証してみたいと思います。

 

まずは西田敏行さんのWiki情報を軽く紹介

釣りバカ日誌やジャンボ宝くじのCMなどで
全国的に知られている西田敏之さんですが

1947年11月4日生まれで、
2016年7月現在68歳という年齢です。

ご出身は福島県郡山市で、
ご結婚はしており、奥さんとの間に2人の娘さんがいます。

大物芸能人であることは間違いなく、
俳優から歌手、タレント、司会者とマルチな活躍を長年されています。

学歴に関しては、
明治大学付属中野高等学校を卒業後、
明治大学の農学部に進学するも中退しています。

身長と体重ですが、
166センチと小柄でありながら
体重は80キロを超えて一時は100キロに到達していたのでは?と言われています。

 

嵐やSMAPとの共演歴&紅白出場歴などから西田敏行さんを検証してみた

それでは、
いくつか報道されているポイントを検証してみたいと思います!

検証材料その1:超が付くほどの大物芸能人

これはどう考えても間違いではないですよね。

日本人の誰もがとは言いませんが、
20代~100歳くらいの人までほとんどの人が
釣りバカ日誌などで名前くらいは知っているのではないでしょうか?

老若男女、
名前を知らない人はいないと言うほどの有名人にも当てはまります。

 

検証材料その2:大河ドラマ出演

大河ドラマ出演と一言で行っても、
NHKの大河ドラマは数多く放送されているので
多くの芸能人が出演しているわけですが、西田さんの出演歴を調べると・・・

  1. 1972年:新・平家物語で北条義時役として初出演
  2. 1973年:国盗り物語で弥八役
  3. 1977年:花神で山県狂介役
  4. 1981年:おんな太閤記で豊臣秀吉役
  5. 1984年:山河燃ゆで天羽忠役
  6. 1988年:武田信玄で山本勘助役
  7. 1990年:翔ぶが如くで西郷隆盛役
  8. 1995年:八代将軍吉宗で徳川吉宗役
  9. 2000年:葵 徳川三代で徳川秀忠役
  10. 2003年:武蔵 MUSASHIで内山半兵衛役
  11. 2006年:功名が辻で徳川家康役
  12. 2013年:八重の桜で西郷頼母役

ということで、
1972年の初出演から
実に12作品ものNHK大河ドラマに出演しているわけです。

 

検証材料その3:NHK紅白歌合戦出演

お次は、
西田敏行さんの紅白歌合戦出場歴はあるのか?について調べてみましょう!

個人的には、
一番印象がない歌手活動ですが、
調べてみると・・・

 

  1. 第32回紅白歌合戦(1981年)に初出場し『もしもピアノが弾けたなら』を熱唱
  2. 第33回紅白歌合戦(1982年):『ああ上野駅』
  3. 第41回紅白歌合戦(1990年):『もしもピアノが弾けたなら』
  4. 第62回紅白歌合戦(2011年):『あの街に生まれて』

以外にも、
歌手として4回もNHKの紅白歌合戦に出場していました!

他にもゲストとして1977年に白組の応援で出演したり、
審査員や白組の司会者としても出演されていました。

 

検証材料その4:SMAPと2016年に共演

スマップの誰か?については言及されていませんが、
5人のメンバーの誰かと共演しているということです。

調べてみると、、、

なんと
2016年1月17日から2016年3月20日にて
TBSの日曜劇場にて『家族ノカタチ』というドラマが放送され
なんとスマップの香取慎吾さんと共演していたのです!

 

検証材料その5:2016年7月以降に放送される連続ドラマにも出演決定

他にも
2016年7月以降の民放連続ドラマへの出演が決まっているということで
西田敏行さんの出演ドラマ予定を調べてみると・・・

2016年10月~ テレビ朝日系列で『ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第4シリーズ 』の放送が決定しているではないですか!!!

この第4シリーズの前段として、
2016年7月3日にはスペシャル版が放送されました。

 

 

まとめ

ということで、
ネットでも話題になっている西田敏行さんについて
噂されている検証材料を全て当てはめて調べてみましたが
物の見事に当てはまってしまいました。

これは2016年か2017年か?
大物俳優と言うこともあって警察も慎重に進めるとは思いますが
ひょっとするとひょっとするかもしれません。

そうなればおおごとなわけですが、
正直な感想を言えば、これは芸能界における氷山の一角なのでしょう。

実体としては、
かなりヤバいレベルにあると思いますが、
これが現在の日本の芸能界であり、その状態を作り出した日本のメディアが
大きく変わらなければ、今後もこのようなニュースが定期的にポストされることになるでしょう。

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す