20代×2児のパパが仕事を辞めて世界を旅して沖縄に移住できた理由

家族 沖縄 移住 子供

もう一度同じ人生を歩んでも良いと言い切れますか?

今思えば、
子供の頃は毎日が楽しく
将来に夢という名の希望を見出していきていた。

いつのまに夢を諦めてしまったのだろうか?
見えないところに閉じ込めてしまったのだろうか?

当たり前のように過ぎ去る日々が積み重なり
気が付けば大学を卒業し、サラリーマンとして就職していた。

会社の同期がコンパや!出会いや!飲み会や!と言っている中、

「このままの人生で終わってしまって本当に良いの?満足?後悔しない?」

そんな自問自答が時折脳裏をかすめるものの、
行動を起こす自信もなく、自分自身に嘘をつきながら日々を過ごしていました。

 

ハプニングも捉え方次第で人生を一変させられる

学生生活はスポーツ一色だった僕は
当然のように浪人や留年という一般的にはマイナスの経験をする。

そこに追い打ちを掛けて来たのが、、、

【出来ちゃった結婚】というハプニング

 

ところが、
僕にとってはこのハプニングが
心地よいハプニングに変わった。

今まで当たり前のように受け入れてきた一般常識。
時々脳裏をよぎるも聞こえない振りをしてきた本音。

 

何かが吹っ切れた僕は、
出来ちゃった結婚という最高のイベントを経て、
2人の子供がいながら20代で一部上場大企業を退職。
収入に当てもない中で、家族で地球に暮らす旅に出た。

 

旅の途中、
何度もピンチが訪れた。

貯金が底をつき、
1K風呂なしボロアパート生活。

フィリピンの有名な公園で
スリ被害に遭いそうになったり

オーストラリアでは夜中に
家族4人(+大きなトランク2個)、
本気で道に迷う。

などなど、
金銭的な自由があれば、、、と
考えさせられる出来事に遭遇しながらも、
必死でネットビジネスに取り組んだ。

最初の頃は全く稼げなかったものの、
あるコツを知ってからは右肩上がりに収入が増えていった。

完全なる経済的な自由を手にしたわけではなかったが、
サラリーマン時代の収入は超えていた。

家族 沖縄 移住 子供

単なる一企業での出世や昇進のためだけに、
日々、上司や取引先に媚を売るような無理な人間関係は不要に。

本当の意味で「付き合いたい」と思える人とだけ
時間を共有することが可能になった。

 

子供との共育環境に最適な場所はどこか?
それを探すための旅も、住む場所を変えることもいつでも可能になった。

 

要は、
ネットビジネスを基盤に金銭面での自由を作れるようになった事で
時間/場所/人間関係/健康/共育という様々な面において
選択の自由を得ることができた。

 

人生という壮大な実験において重要なことは、
サラリーマン社会で出世することや昇進することではなく
近所の人やママ友に対して見栄を張る事でもない。

 

子供の可能性を制限する事なく
家族単位で日々成長する行動をする。

笑顔を共有するために、
ギリギリにチャレンジし続ける。

 

  • 遊び
  • 仕事
  • 子供
  • 大人

そんなものは関係ない。

 

  • 自分自身が本当にやりたいこと。
  • 人生を掛けてでも夢中になれること。

これを見つけ出し、
それを極める。

 

偉いとか、羨ましいとか、
他人からの評価に振り回されるのではなく
評価軸を自分自身で持ち自分の人生を精いっぱい生き切る。

 

とは言え、
人生を掛けた壮大な実験は
家族4人だけでは限界がある。

家族 沖縄 移住 子供

高い志を持ち、
ハイブリッドパパファミリーに共感してくれる方は
是非一緒に成長していきましょう。

 

自由の根底にある
金銭面での自由を切り開く
『ネットビジネスで稼ぐ【挫折しない為のコツ】』
コンテンツとしてまとめました。

  • 外注を一切使わずに月収80万円を半自動で稼げる方法
  • 月収10万円を最短36記事で自動化させる方法
  • 稼げる人だけが知っているアフィリエイトのコツ
  • 通算5000円も稼げていなかった人がわずか1ヶ月で月収5万円を達成した方法
  • ネットビジネスに興味があるけど何をしたらよいのかわからない
  • 本気で学びたいけど金銭的な余裕がない
  • 沖縄に移住して自由な暮らしを満喫するハイパパ家族の目指す未来

これらのメルマガ限定で公開している情報を知りたい人!
お金の為に働く必要が無くなる非常識な働き方を知りたい人は
以下より無料のメールマガジンに登録してください。

僕の人生の主役は僕であり、
アナタの人生の主役はアナタ以外の誰でもない。

自分の人生の主導権を自分自身に取り戻そう!

ハイブリッドパパ メール講座

アドセンス 稼げない