form

スマホ断ちツアーとは?【デトックス効果】と真の目的は どこに?

スマホ断ちツアー とは 効果 目的 どこ

今巷では、
『スマホ断ちツアー』なるものが人気を博している。とワールドビジネスサテライト通称WBSでも特集されるほど。

スマホ断ちツアーとは何なのか?
効果の程やその目的。どこに向かっているのか?についてシェアしていきます。

 

ワールドビジネスサテライトでも特集される『スマホ断ちツアー』とは?

ワールドビジネスサテライトでも特集されるほど
ビジネスパーソンの間で注目を浴びている『スマホ断ちツアー』

想像に難くないですが
要は日常に当たり前のように存在し
ある種逆に人間を拘束する存在になっていたスマホを
自分自身の意図によって、物理的な距離を引き離して時間を過ごすというもの。

 

10年前には存在していなかったスマホの登場で
人類の利便性は格段に向上しましたが、

一方で
大事なモノが失われてしまった。という側面もあります。

通勤電車に乗れば
新聞/睡眠/スマホ。

母親は授乳しながらスマホ。

サラリーマンは昼休憩中にスマホゲーム。

ご飯を食べながらスマホ。

旅のお供はスマホ。
旅先で写真を撮ってSNSへアップ。

 

スマホ断ちツアーはどこで開催されているのか?

デジタルデトックスとも言われるスマホ断ちツアーですが、
神奈川県の鎌倉や長野県信州など比較的地方都市で開催されているようです。

要は、
圏外のような環境で過ごすことで
日常からの離脱を図っているのでしょう。

 

スマホ断ちツアーで得られる効果とは?ハイパパも実践している

先ほども述べましたが、
スマートフォンの登場で人間社会における
コミュニケーションが活性化された側面は否定できません。

ですが、
手段が目的化してしまっている典型かもしれません。

本来、
スマートフォンを持つこと自体は目的ではありません。

むしろ、
良好な人間関係を築くためのコミュニケーションツールであり
情報をインスタントに調べられることが出来るツールなのです。

 

 

今や日常に当たり前のように存在しているスマホから
一旦距離を取ってみることで、スマホの必要性などを見直す良い機会になるのでしょう。

それこそ30年前なんかは、
電話がやっとでメールなんてなかったわけですが

今ではLINEやメッセンジャーなど
すぐに誰とでもメッセージのやり取りが可能になっています。

 

モノがありふれている時代だからこそ
集中と選択の重要性が増してきているわけで

時間、五感、意識の集中が出来ない事が
最大のウィークポイントのように感じています。

いつでもどこでも手軽にやりとりできる状況は、
便利なように見えて実は貴重な集中を奪っているように感じていました。

特に用事があるわけでもないけどスマホを取り出して触ってみる。
旅行に行っても写真を撮って友達にシェアすることが目的になりその場を楽しむことを忘れてしまっている。

これらは
決して健全な状況には思えません。

日本に先駆けて、
アメリカではスマホのみならず
あらゆるデジタル記事から離れてみる。という
デジタルデトックスが話題になっているようです。

僕自身も、
実はiPhoneを手放しました。
(正確には壊れてしまったので次期スマホを購入していないだけ)

それによって、
意識をなすべき事に集中出来る。という感覚が増して来ており
意外な感覚を覚えています。

そして、
間違いなく言えることは
iPhoneを持っていなくても困りません。

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す