form

トレンドアフィリエイトで稼げない人が気付かないタイトル7つの違い

トレンドアフィリエイト タイトル 稼げないトレンドアフィリエイトで稼げない!
そんな悩みを相談して下さる人はたくさんいますが、トレンドアフィリエイトが稼げないのではなく、タイトル付け・キーワード選定など、取り組む方法がズレているので稼げないのです。

トレンドアフィリエイトにおいて
タイトルはアクセスの85%を決めると言っても過言ではありません。

この記事では、
トレンドアフィリエイトで稼げない!と悩んでいるトレンドアフィリエイターのために、
トレンドアフィリでアクセスを稼ぐための【タイトル付け】におけるポイントをシェアします。

 

 

 

 

トレンドアフィリエイトで稼げない理由とは?

まずブログでトレンドアフィリエイトを実践していくに当たり、
どのような作業・行動が行われるか要素分解してみましょう。

基本的には、、、

  1. ブログ(WordPressなど)の基本的な設定
  2. ネタ選び
  3. キーワード選定
  4. タイトル付け
  5. 記事内容執筆

上記の5項目に分割することが出来ます。

確かに、
アクセスを集めるに当たって
1~5すべての項目がそれぞれ重要な役割を果たしますが、
アクセスアップに最も直結するのは『4.タイトル付け』と言っても過言ではありません。

逆に言うと、
タイトルさえしっかりしていれば、
設定面で多少足りてなくても、ネタがトレンドにどんピシャでなくとも、
記事内容が面白くなくともアクセスを集めることは可能なのです。

要は、
トレンドアフィリエイトを実践しているけど稼げない!という人は、
この『タイトルの付け方』が間違えているかズレているのです。

 

タイトル付けで考えるべき視点

では、
トレンドアフィリエイトブログの記事を作っていくに当たり、
タイトルはどのように付けていけば良いのでしょうか?

マクロ的な視点(大きな物の見方)で行くと、
タイトルは2つの意味合いを持ちます。

  1. 検索エンジンにとって魅力的なタイトルにする
  2. 検索ユーザーに魅力的なタイトルにする

1は、
Googleなど検索エンジンで上位表示させるために、
いかに検索エンジンが好む形でタイトルを作るか

2は、
ブログに訪問してくる人(つまりは人間)が
検索ページで数あるリストの中から
思わずクリックしたくなるタイトルを作るか

この2つを意識することがポイントで、
どちらか一方だけを意識したタイトル付けになってしまうと
大きなアクセスを呼び込むことが出来なくなってしまいます。

例えば、
1だけ満足する形であれば
検索ページで上位表示出来ていたとしても
誰もユーザーがクリックしてくれません。

逆に、
2だけを満足する形であったとしても
Googleなど検索エンジン上で上位に表示されず
そのブログは世の中に存在し

 

稼いでいる人がタイトルを付ける時に考えているポイント

では、
トレンドアフィリエイトで稼いでいる人が、
記事を書く時、もしくは外注に執筆を依頼するときに、
どのようなポイントを意識してタイトルを作っているのか?

稼げない人と稼げる人を分ける【違い】についてシェアします。

  1. キーワードはメイン+3個以上のサブキーワードを入れる
  2. なるべくメインキーワードはタイトルの左(最初)に持ってくる
  3. タイトルに『、』や『。』は使わない
  4. スパム的な不自然なタイトルにしない
  5. 人の心を動かすワードを入れる
  6. 出来れば27文字以内に収める
  7. 狙いたいキーワードは前の20文字以内に入れる

 

それぞれ詳しくは動画内で説明していきますが、
1つ1つの内容を簡単にシェアしたいと思います。

1.キーワードはメイン+3個以上のサブキーワードを入れる

記事を書く時は、
趣味のブログを作っているのではないので、
しっかりと狙うべきターゲットを決めてから取り掛かります。

例えば、
GoogleやYahooで
【花粉症】の悩みについて調べようと思っている人がいて、
その人のヒントになるような記事を書いてアクセスを集めようとする場合、
メインキーワード【花粉症】+サブ1【対策】+サブ2【サプリ】+サブ3【おすすめ】というような形になります。

 

2.なるべくメインキーワードはタイトルの左(最初)に持ってくる

メインキーワードとは、
上位表示を狙いたいキーワードを指します。

このメインキーワードに関しては、
出来るだけ自然な形でタイトルの一番左(タイトルの頭)に持ってくるようにします。

例)
〇:【花粉症の対策におすすめのサプリはコレだ!】
× :【おすすめサプリ!春の季節に悩む人が多い花粉症対策!】

 

3.タイトルに『、』や『。』は使わない

記事タイトルに、
『、』や『。』を使用するとペナルティーを食らうとかではありませんが、
検索ユーザーからのインパクトに欠けてしまいます。

タイトルは最重要かつ検索ユーザーにとって唯一の入口ですので、
なんとか目を引くように改良していく必要があります。
(詳しくは動画で!)

 

4.スパム的な不自然なタイトルにしない

スパム的なタイトルということで、
分かりやすい例を挙げると、、、、

『岩田剛典の彼女?内定先?実家?身長?体重?住所?画像?』

などでしょう。

見ていただければ分かると思いますが、
【岩田剛典】というメインキーワードから
これでもか!とサブキーワードを不自然な形で入れ込み
1つでも多くのキーワードで上位表示をしたい!という意図が
不自然な形のタイトルを作ってしまっています。

これでは、
仮に短期的に上位表示されていたとしても、
長期的に考えるとスパム判定を受け圏外に飛ばされてしまう可能性が高いです。

 

5.人の心を動かすワードを入れる

検索ユーザーが思わずクリックしたくなるワードを活用し、
タイトルを作ることでアクセスを増やすことが出来ます。

逆に、
それが無いとせっかく上位表示されていも、
クリックしてもらう事が出来ません。

例)
〇:【大阪駅で唯一おすすめ出来るWifi可カフェの充実具合がヤバい!】
× :【大阪駅にはWifiが利用出来るカフェがたくさんある】

思わずどちらが読みたくなるか?ということですね。

 

6.出来れば27文字以内に収める

これは、
検索エンジンサイドのルールが度々変わる為、
未来永劫変わらない法則ではないのですが
出来るだけタイトルは27文字以内に収めることを意識しましょう。

27文字というのは、
現状のGoogle検索エンジンで
タイトル全文が表示されるMAXの文字数であり
将来的には更に短くなる可能性があります。

仮に、
以下のような40文字のタイトルを作ってしまうと、、、

【最近のテレビは面白くないという人がいるけれど、僕のおすすめ『〇〇〇』は見逃すな!】

検索エンジン上では、、、

【最近のテレビは面白くないという人がいるけれど、僕のおす・・・】

上記のように、
27文字目以降の文字は切れてしまい表示されません。

これでは、
どれだけインパクトのある文字を27文字目以降に入れたとしても、
検索ユーザーにクリックしてもらえなくなるのです。

 

7.狙いたいキーワードは前の20文字以内に入れる

『6.』と通じるところはありますが、
GoogleやYahooなど検索エンジンは、
表示するタイトルの文字数をどんどん短くする傾向にあります。

ですので、
メインキーワードやサブキーワードなど
タイトルの中で上位表示を狙いたいキーワードに関しては、
基本的にタイトルの頭20文字以内に入れるようにしましょう。

 

ここまで、
トレンドアフィリエイトで稼ぐためのタイトル付けと題し、
トレンドアフィリエイトで稼ぐことが出来ていないアフィリエイターが
意識出来ていないタイトル付けのポイントについてシェアしてきました。

上記のどれかを意識するのではなく、
全てを意識してタイトルを作ることを考えてください。

また、
細かいテクニックやポイントについては、
他にも数多くありますので別記事やメルマガでシェアしていきます。

 

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す