form

アドセンス広告の貼り方【違反事例の具体例と基本事項まとめ】

アドセンス 貼り方 違反トレンドアフィリエイトを実践している人の多くはアドセンス広告を主な収益源としていると思います。

アドセンスに代表されるクリック報酬型広告はクリック単価が低いから避けるべきと言う方もいますが、しっかりとした方法でサイトを運営すればクリック単価は上がっていきます。ブロガーのイケダハヤトさんはPV単価0.1円とも言っているようですがあり得ません。(低過ぎます。全然PV単価1円とか生み出すことが出来ます。)

この記事では、アドセンス広告の貼り方などで
Googleのアドセンスポリシーに違反しないようにすべき注意事項などについて
シェアしていきたいと思います。

 

 

 

 

アドセンス広告を収入源とする場合に知っておくべきこと

トレンドアフィリエイトでアドセンス広告を利用しているアフィリエイターやブロガーは、
GoogleAdSenseの仕組みに対する配慮などが欠けている人が多いので
今一度ビジネスモデルを確認しておきましょう。

アドセンス広告というのは、
Googleの営業活動によって集めた広告主がグーグルに対しお金を払い、
グーグルは受け取った広告費の一部をアフィリエイターなどへ還元することで、一般ユーザーへ広告を広めているわけです。

この時に、Googleの視点で考えてみると、、、

Googleにとってのお客様は広告主
広告主様にとって不利益なサイトに広告を掲載してしまっていないか?
この考えをベースにアドセンスを監視しているわけです。

考えてみれば当たり前ですよね?
ふさわしくないサイトに掲載させてしまっては、広告主の信用を落としてしまいます。

そこで、
アドセンス広告を利用するサイトに守ってもらいたいガイドラインを設け
それを文面化しているのが『アドセンスポリシー』として存在します。

つまり、
このポリシーを守っていればアドセンスアカウントの停止処分は下されないでしょうし、
逆にルールに違反していれば、アカウントはく奪もあり得ます。

アドセンスポリシーに関しては、
必ず目を通しておきましょう。

Google AdSenseプログラムポリシーガイドブックのダウンロードはコチラ

 

アドセンスのルール違反具体例

全てではありませんが、
GoogleAdSenseのルール違反例について
いくつか代表的なものをリストアップしたいと思います。

1.自己クリック

自己クリックとは読んで字のごとく、
自分自身で自分のサイトのアドセンス広告をクリックする行為ですが、
Googleには簡単にバレるので絶対にやらないでください。

これが、
仮に友達にお願いしたり親族であれば大丈夫なのでは?と
思うかもしれませんが、長期的にみれば危険ですしバレますので絶対に止めてください。

 

2.画像と広告の並列配置

画像の隣に広告を配置することで、
広告を画像を勘違いしてクリックしてしまったりという
誤クリックを誘導する形になってしまいます。

 

3.クリックを誘導する記述/表現

広告の上部や下部に、
『↑をクリック』や『下記の広告がおすすめ』など
アドセンス広告をクリックしてもらうことを誘導するような記述は禁止です。

 

4.報酬を提供する行為

アドセンス広告は
一般的にはクリック当たり25円~30円の報酬と言われています。

それゆえ、
1クリックしてくれたら3円とか5円などでクリック報酬を与えると
儲かるのでは?と考えてしまうかもしれませんが、
そんな記述をしていればバレますし、アカウントはく奪されます。

報酬を提供する行為は禁止されています。

 

まとめると、
要は広告に対する純粋なる興味や関心以外で
クリックされることはダメですよ!ということですね。

当たり前と言えば当たり前なのですが、
意外と盲目になりがちなので確実に押さえておきましょう。

 

アドセンス広告の貼り方における注意点

ここでは、
アドセンス広告の貼り方における注意点について
説明していきます。

1.1ページに配置可能な広告の上限数

アドセンス広告の審査に通過したからと言って、
あなたのコンテンツに広告を何個でも配置して良いわけではありません。

広告ばかりのコンテンツになってしまっては、
コンテンツ訪問客の満足度低下に繋がってしまいますし
広告自体の有用性も下がってしまいます。

具体的には、、、

  • コンテンツ向けアドセンスユニット・・・3つまで
  • リンクユニット・・・3つまで
  • 検索ボックス・・・2つまで

一般的に、
トレンドアフィリエイトで使用する広告に関しては、
基本的には3つまで!ということを理解しておけば大丈夫です。

Googleに認められると、
配置出来る広告数が増やせたりしますが、それは先の話。

 

2.サイトレイアウト上の注意点

記事内にアドセンス広告は3つまでが基本!ということは分かったと思いますが、
3つ以内であればどこにでも配置してよいのか?と言うと違います。

実際は、
スクロールしなければ見えない位置にアドセンス広告を貼る行為や
メインであるはずのコンテンツ(ブログ記事など)を押しやってしまうサイトレイアウトは禁止となっています。

スマホなどで表記されるときにたまに見かけますが、
サイトの最上部にアドセンス広告を配置していると
スマホでそのサイトを見ると、コンテンツを見る前にまず広告が飛び込んできます。

この表記スタイルは禁止されています。

 

3.広告であることの明示が必要

訪問ユーザーが
広告であることを認識した上で
広告をクリックしてもらう形が理想となります。

それゆえ、
誤クリックを避ける意味でも
アドセンス広告には広告であることを表記した見出しを付ける必要があります。

逆に、
『関連リンク』などと
クリックを誘導するような表現で見出しを付ける行為は禁止されています。

 

以上で、
アドセンス広告をブログなどに貼り付けるときの
注意点や違反事例についての簡単な説明は終わりになります。

無知は命取りになりますので注意してくださいね!

 

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す