form

未来は想像できないから楽しい!未来が容易に想像出来るサラリーマン

未来 想像できない未来を予言出来れば、、、
確かにそう思いたくなるシチュエーションもあったにはあった。

でも、よくよく考えてみると未来は想像できないから楽しいのでは?予言しても当たらないから幸せなのでは?

未来が全て見えてしまえば、
知っているストーリーの上を歩くだけ。

 

既に内容を知っている映画を見る以上に
自分の未来がわかってしまっていることは残念なのではないだろうか?

未来が想像できない世界と未来が想像出来てしまう世界についてシェアします。

 

 

未来を想像出来るって良いこと?

 

「将来が不安で未来の想像が出来ません。。。」

!?!?

未来の想像が出来るということは、
良いことなのだろうか?嬉しいことなのだろうか?

3年6ヶ月サラリーマンとして働いていた僕からすると、
想像出来てしまう未来ほど生きるのがつまらない人生はないのではないか?と思ってしまう。

 

一年後、
自分がどんなことを考え、どこで何をしていて、どんな人と知り合っているか?
全く想像できないから楽しいのではないだろうか?

 

今から1年経ったとき、
あぁー1年前に想像した通りの人生になったわー!最高!」という人がいるのだろうか?

僕は、、、
1年前には想像も出来なかった世界に到達している
「またこれからの1年で自分がどのような想像の出来ない世界に行っているか楽しみだ!」

こう考えている。

 

実際に2児のパパでありながら大企業を退職した。
退職後、失敗も成功も含めて自分が思い描いた1年後ではなかった。

想像の出来ない世界が広がっていたからこそ、
未来に対する明るい希望を持てている。

 

しかしながら、
未来が想像出来ることが良い事か?悪いことか?と言われれば、
必ずしも『良いこと!』、『悪いこと!』という答えはない。

ここは個人の価値観にも因るところだから。

 

 

未来が容易に想像できるサラリーマンという仕事

 

未来が容易に想像できるのが、
一般的なサラリーマンであろう。

特に公務員などを言うのかもしれない。
「公務員になれば一生安泰!」この言葉が意味するように、
公務員としての人生がスタートした段階で、ゴールである退職は用意されたようなものらしい。

転勤など細かい変化はあれdサラリーマンの30~40年後の未来は
割と簡単に想像することができる。

同じ会社に勤め上げ、
部長辺りになるか子会社に重役として出向しているのではないだろうか?

仮に、
今勤めている企業が倒産したとしても、
別の企業に転職し平社員か契約社員にでもなっているだろう。

はい。

以上 終わり。

簡単に未来の想像をしてみましたがどうでしたでしょうか?
極端かもしれませんが未来を想像出来るってこういうことですよね?

 

 

想像できない世界を創造する喜び

 

「未来が想像できなくて不安です!」という人に敢えて言いたいことは、
想像出来ないからこそ、創造し甲斐があり面白いのでは?ということ。

1年後 自分はどこの地域/国で生活しているのだろうか?
3年後 自分は地球にどのような価値を提供出来ているのだろうか?
20年後 自分の子供はどのような大人になっているのだろうか?

分からな過ぎるから!
想像出来なさすぎるから楽しいのでは?

想像しても出来ない明るい未来を想像しながら、今を一生懸命に生きるのです。

 

 

 

 

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す