form

【初心者が活用すべき】サーチコンソール最低限4つの使い方

サーチコンソール 使い方 初心者Googleサーチコンソール(旧名:ウェブマスターツール)は、サイトの評価状況素早く確認出来るグーグルが無料で提供してくれているサービスの1つです。

サーチコンソールは、
アフィリエイト初心者こそ使い倒すべきサービスであり、サイトのエラーやペナルティー状況の素早い把握に一役買ってくれます。

この記事では、
初心者が最低限必要なサーチコンソールの使い方を分かりやすい形でシェアします。

 

 

 

 

サイトがペナルティーを受けていないか確認する

グーグルのサーチコンソール(旧名:ウェブマスターツール)を
インストールしているアフィリエイターの多くはペナルティーの確認がメインかもしれない。

実質的に検索エンジンを握っていると言っても過言ではないGoogleですが、
彼らが提供してくれているサービスを活用することによってGoogleから
サイトがペナルティーを受けていないかすぐに確認することが出来るわけです。

サーチコンソール 使い方 初心者1

Search Consoleのログインページですぐにわかりますが、
『新しい重要メッセージ』で「新しい重大な問題はありません。」と表示されていれば、
アナタのサイトは特に大きなペナルティーを科されている心配は無用です。

 

HTMLにエラーが多発していないか確認する

サイトの表面情報では見えない、
HTML構造上でのエラーをアラートしてくれるページです。

サーチコンソール 使い方 初心者2

■ 『検索での見え方』 ⇒ 『HTMLの改善』

メタデータやタイトルタグに重複がある場合は、
パフォーマンス改善の余地があることを意味しますので
積極的に最適化していきましょう。

 

クローラーの統計頻度からアクセスの現状を知る

サーチコンソールに登録しているサイトに対し、
1日当たりどれくらいのクロールが行われているか?を数値化しています。

サーチコンソール 使い方 初心者3

■ 『クロール』 ⇒ 『クロールの統計情報』

クロールされたページ数の数値は、
サイトへのアクセス数と相関関係があると言われています。

つまり、
クロールの平均値が高くなると
サイトへのアクセスも並行して増えていくと言われています。

目安としては、
1日当たりのクロールされたページ数が平均100を超えると
サイトへの月間PV数が10万程度と言われています。

 

Googleサーチコンソールを活用することで、
サイトに対する警告からアクセスの推移まで
かなり広い範囲で使い倒すことが出来ます。

重要なポイントさえ押さえれば、
初心者であっても簡単に使う事が出来るので
サイトの改善を行っていくに当たっては必須のツールであります。

 

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す