form

資本主義社会でお金を稼ぐということ

お金 稼ぐ 社会

 

資本主義社会でお金を稼ぐってどういうこと?
アナタは考えた事はありますか?

現代社会に生きる多くの人は既にお金というものが存在している世の中に生まれました。

 

「お金とは何か?」
「お金はどうやって稼ぐのか?」
などあまり考えたことがないのではないでしょうか?

 

今回は、
「お金を稼ぐことの本当の意味」「お金を稼ぐことは悪なのか?」 についてシェアしていきます。

お金って何?

現代社会においていくらでも身近に存在する『お金

この『お金』とは何なのか?ということについて改めて考えてみたいと思います。

 

お金って何?と言われれば多くの人はこのように答えるでしょう。

  • 生きていくために必要なもの
  • 食べ物を買うために必要なもの
  • 生活を豊かにするもの
  • 趣味を謳歌するためのもの
  • 資産を構築するためのもの
  • 安心を作るためのもの

 

要は、必要なモノ・サービス・状況を手に入れるための【ツール】というわけです。

 

言い換えれば、
お金とは必要なモノ・サービス・状況を手に入れるために行う価値交換の手段と言えます。

 

例えばお金を単なる紙と考えた場合、
1万円札という紙幣は1枚作るのに21円のコストしか掛からない紙切れと言えます。

 

しかしながら
私たちは1万円札を1万円という価値として認識し
交換の手段として利用しているのです。

 

原価21円の1万円札が1万円の価値あるものとして広く認識されている背景には
お金を発行している日本国政府の信用の元、1万円札は1万円の価値と決めているからに他ならないのです。

 

 

お金とは、、、

【日本国政府の信用によって成り立つ価値交換の手段】

であると言えます。

 

 

お金を稼ぐ本当の意味

どうすればお金は稼ぐことが出来ると思いますか?

『働けばいい!』という回答が返ってきそうですが、
多くの人は【サラリーマンとして会社に勤める】であったり
【アルバイトをすればお金を稼げる】と考えると思います。

 

つまり、
自分自身の労働力を提供する代わりに
給料という形でお金を貰うということです。

 

確かに自分の労働力を提供すれば
その対価としてお金を得ることが出来るでしょう。

重要なのでもう一度言いますが、
【労働の対価としてお金を稼いでいる】ということです。

 

言い換えれば労働の価値を
お金という形で表現してもらったということになります。

 

勘の良い人は気付いていると思いますが、
お金を稼ぐためにはそれに見合った価値の提供が必要ということです。

 

「突然誰か見知らぬ人がお金をくれたりしませんよね? 」

その理由は明白で
アナタはその見知らぬ人に対して何も価値を提供出来てないからです。

 

お金を稼ぐということは
他人のお金を搾取することではなく、価値創造の結果であると言えます。

 

資本主義社会においてお金を稼ぐためには世の中の役に立ちたいという思いや
相手が想定する以上の付加価値を創造することが重要となるのです。

 

言われてみれば分かるかもしれませんが
なぜアナタは理想とするお金を稼ぐことが出来ていないのでしょうか?

 

これは紛れもなく
アナタにお金を払う価値を感じてもらえていないからに他なりません。

 

つまり
お金を稼ぐ本当の意味は、、、

【誰かに価値を創造し喜ばれること】

お金を稼ぐことは悪なのか?

日本という国においてお金の話は1つのタブーという空気があります。

  • 友達と給与の話はあまりしません。
  • 貯蓄額がいくらか?
  • どのような資産運用をしているか?

ほとんどの人はお金の話を避けようとします。

 

背景には
『国の洗脳やマネー教育の欠如により突然社会に放り出された人たちが
正しいお金の知識を持ち合わせていない』ということが挙げられます。

 

それにより個々の想像の世界で【お金をたくさん稼ぐ=悪】というイメージが出来上がります。

とりわけネットビジネスでお金を稼ぐと言うと実態の見えにくいビジネスモデル故、
他人からお金を搾取している。というマイナスのイメージが先行することが多々あります。

既にお金を稼ぐことの本当の意味をシェアしましたので
ここまで読み進めて下さっている方はお分かりだと思いますが、
お金を稼ぐ=世の中に価値を創造していることに他ならないわけです。

確かに詐欺や騙しの手口を使い
お金を奪い取っているような人やビジネスモデルも存在しますが
これでは長期的なビジネスモデルや信頼関係の構築を図ることが出来ません。

 

基本的には、
『提供した価値の大きさ=受け取るお金の多さ』になるべきなのです。

 

資本主義社会において1円でも多くのお金を稼ぐということは、
以下のように表現することも出来ます。

  • 多くの価値を世の中に提供出来ている。
  • 誰かの役に立っている
  • 感謝される存在である。

お金を稼ぐことが良くないという人は
誰にも価値を提供しない!誰の役にも立たない!と言っているに他なりません。

 

ネットビジネスでお金を稼ぐことにコミットしたのであれば
今日を境に思考のパラダイムシフトを起こしましょう。

お金を稼ぐということは
世の中への価値提供であり、世の中の役に立った証拠である。

 

お金を稼ぐことは悪なのか、、、

【お金を稼ぐことは善であり、世の中の役に立っている証拠である】

 

『稼げる』を体感できるようになる無料メルマガ

form
最短最速で【月収10万円を達成する教科書】無料プレゼント中!
お名前
メールアドレス

コメントを残す